派遣キャストを斡旋する会社はかなりたくさん存在しており、パッと見ただけでは「彼女はAという派遣会社からやってきている」「こちらの子はB社から」という見分けがつきません。

またキャバクラ店には在籍の女の子や体験入店の女の子もいて、在籍と派遣の両方のキャバクラ嬢が仕事をしています。

ただしあくまでもお店の主役は在籍キャストなので、派遣キャストは在籍キャストのヘルプであり数合わせ。
またお店には他にも派遣会社から派遣されて働いている派遣キャバクラ嬢がいるかもしれません。

もし他の派遣会社の女の子がいるとしても、必要以上の会話は避けた方が良いです。
下手な事は話さないようにしましょう。
もしお給料などの話しになったら、ちょっと厄介なのです。

  同じ派遣キャバクラ嬢でも時給が違う

キャバクラで働きたい女性が増えるに従って派遣会社も右肩上がりで増えているのが実態です。
派遣会社は女の子をキャバクラに紹介する事で手数料を取り、ビジネスとして成り立っています。

ただし派遣会社と言っても長く運営している会社もあれば、昨日今日始めた会社もあります。
また会社によってどれだけ手数料を取るかの基準も違います。

だからあるキャバクラ店で女の子一人につき時給4,000円がもらえるとしても、実際に女の子が手にするのは4,000円ではありません。

もし派遣会社A社が1時間につき1,000円の手数料を差し引くとしても、別の派遣会社B社は500円かもしれませんしC社は1,500円かもしれません。
そうなると女の子の手に渡る時給にも差がついてきます。

もし派遣の女の子同士で
「私はA社から派遣されてきているけど、1時間に3,000円の契約だよ」
「私はB社だけど時給3,500円」
「私はC社で2,500円」
と、会社ごとに時給額が変わってしまうとしたらどうでしょう?
たくさん時給がもらえている女の子はいいのですが、もし時給が安いと納得出来ませんよね。

会社に「何でA社に比べて安いんですか?」と詰め寄るかもしれませんし、悪い噂を流されて女の子がA社に移動してしまうかもしれません。

このようなトラブルを避けるために、他の派遣会社の女の子とは話しをしない、特に給料などの話は一切しないと言う暗黙のルールがあるのです。

  派遣会社ごとに待遇が違う事も

キャバ嬢の派遣会社が乱立すると、どうしても会社ごとに待遇が変わってきてしまいます。
A社は格安でヌーブラやサンダル、ドレスを購入出来るサービスを提供しているかもしれませんし、B社は無料で送迎してくれるサービスがあるかもしれません。

運営会社が違うと待遇には差がついてしまいます。
もし派遣の女の子同士が色々な話しをしてしまうと
「B社ってピンハネが酷い」
「A社はスタッフが優しい」
「C社はきちんと指導してくれなかった」
など不平不満が出てしまい引き抜き合戦になってしまいます。

このようなトラブルを自ら招かないように、余計な話、特にお金絡みの話は絶対にしないようにしましょうね。

派遣キャバ嬢歴2年

悲しい現実だけど、キャバ嬢って第一印象がとっても大事なわけで、それって見た目で結構左右されちゃうわけ。
派遣会社に登録しにいった時点で、見た目・ルックスがランク付けされてて、それによって時給もかわってきちゃうんだよね。。。。
若くて可愛い&美人だと時給のいい派遣会社を紹介されたりね。
そーゆー感じで
派遣キャバ嬢はとくに見た目・ルックスで時給が変動する
って覚えておいて!!