派遣キャバクラ嬢として働く女の子が増えています。
派遣と聞くと何となく「ヘルプ」「その場限り」などちょっと後ろ向きなキーワードがイメージされますよね。

でもだからと言って仕事中にやる気もなく
「時間だけが経てばそれでいい」
「適当にやっとけばOKでしょ」
という心構えでは例えヘルプの仕事でも長く続ける事は出来ません。

お金をもらっている以上は「プロのキャバ嬢」ですから、お客様を楽しませる気持ちを持ちましょう。
それが仕事を長く続ける鍵ですよ。

派遣キャバ嬢歴5年

長く派遣キャバ嬢として続けるなら
派遣先のお店ごとにルールが違うこと
を知っておくといいよ~!

派遣キャバ嬢歴2年

そーそー、派遣キャバ嬢のデメリットも知っておいた方がいいよね。
キャバ嬢として働くうえでネックな
上がり
これ困るよね~!

  やる気のなさが見えると×

キャバクラ派遣の仕事は同じお店に何週間、何カ月もずっと働き続ける事は基本的にありません。
1日おきに職場が変わる事も決して珍しくないのです。

でもだからと言って「もう二度と来ない店だし、適当に時間を潰せばそれで良い」といういい加減な気持ちでは続けていく事は出来ません。

もう二度と会わない顧客だからこそ、一期一会。
適当に誤魔化すような態度ではなく「この女の子にもう一度会いに来たい」と思わせるような接客を。
一日だけの派遣でも気を抜かないのが基本です。

やる気のないキャストは姿勢が猫背になっているなどだらしないですし、顧客の飲み物まで気を配れません。
時計ばかりをチラチラ見て適当に愛想笑い。
返事も適当では顧客も気持ちよくお酒を飲む事は出来ませんよね?

そんなやる気のない態度はお店のスタッフにも伝わってしまい、何度も同じ態度を繰り返すと登録解除になってしまう事も。
「私は接客のプロ」という意識をもち、顧客に心から楽しんでもらえるように努力する事です。

  派遣キャバクラ嬢の心構えとは?

派遣キャバクラ嬢が心がける事はまず顧客だけではなくお店のスタッフや在籍キャストに「笑顔で接する事」。

ただでさえ派遣キャストは冷たい目で見られがちですので、ここで派遣キャストがいい加減な態度をするとさらに良くありません。
あなたの評判はあなた自身だけでなく、キャバ嬢を派遣している会社の評判にも繋がってしまいます。

「あなた派遣なの?」という目で見られてもニッコリ笑顔。
「皆さんよろしくお願いします」と明るく答えられるようでなければなりません。

また在籍キャストを優先させるのは基本。
派遣キャストはあくまでも在籍キャストのヘルプなので、指名嬢の邪魔をしないように。
メインで接客しているキャストを引き立てるように接しましょう。
これは体験入店でも同じです。

  お酒に飲まれるのは絶対に×

派遣キャストの中には、お酒が好き、アルコールに強い女の子もいるはず。
もし顧客にアルコールを奢ってもらえるとしても飲みすぎは厳禁です。

派遣の場合、どれだけお酒を飲んでもドリンクバックは付きませんので、そもそも無理してお酒を飲む必要はありません。
常識的な範囲で対応しましょう。